• 私はラブ・リーガル|WOWOWオンライン

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN

私はラブ・リーガルについて

カテゴリー

ライター

柏木しょうこ
エンタメ系翻訳家&ライター。
映画・ドラマなど海外映像作品の字幕・吹き替え翻訳ほか、小説やノンフィクション、セレブのバイオグラフィーなどの書籍翻訳を手掛ける。最新刊は『ジョニー・デップ フォト・アルバム』(ACブックス)


10月11日(木)S3#11「罪深きオトナたち」“Ah Men”

罪深きオトナたち

■恋愛戦線に異常アリ!?
パーカーの元カノ登場。しかも彼女には…



元カノがオフィスを訪ねてくるということで、朝からそわそわしているパーカー
8年前に彼女と別れた時、修羅場だったとか…。
というわけで、ジェーンが同席して、相談を聞くことに。
元カノは看護師のエリーサ
保険会社が、死んだ父親の生命保険金を払ってくれないというのが、相談の内容でした。
パーカーは依頼を断りたかったのですが、エリーサからふたりの別れの経緯(パーカーが彼女のルームメイトと寝たから!)を聞いたジェーンは、エリーサを気の毒に思い、相談を引き受けることにします。

 

保険会社は、エリーサの父親が契約時に告知義務違反をしたと主張して支払いを拒んでいました。
実はこの保険会社は加入後2年以内死亡した人たちに対して、調査員を雇い、小さなミスを見つけては、言いがかりをつけて支払いを拒否していたのです。

 

エリーサの父親の場合は―――
<保険会社>

エリーサの父が過去、捻挫で入院。それを告知していなかったので、告知義務違反だ!
↑VS↓
<ジェーン側>

父親は心不全で亡くなっている。捻挫は死因と関係ない!
しかも、調査員は1年前にはすでに捻挫の事実を知っていた。だが、保険は問題なく継続。つまり「捻挫なんてたいしたことない」という判断だったことは明らか。

 

これでジェーン側が一気に有利になり、和解が成立すると思いましたが、保険会社はさらに汚い手を使って脅しをかけてきます。
実はエリーサは、看護師免許を利用して、心臓の悪い父親にアメリカでは違法の薬を密輸して投薬していたのです。
この事実が明るみに出ると、エリーサの看護師免許はく奪されてしまう…。
保険会社側は、訴えを取り下げるよう脅しをかけてきます。

 

実は、エリーサシングルマザー7歳息子がしたのです。
しかも、その子の父親パーカー!!!!
ジェーンは、エリーサに口止めされてパーカーには言わないことにしました。

 

脅しには、脅しで対抗するしかない!
ジェーンは、保険会社がエリーサの父親のほかにも同じような手口で、不当に支払いを拒否しているはずだと調べ、その証拠をつかみます。
保険会社は、保険金の支払いを同意。
ただし、その和解案では、同じような手口で保険金を受け取れなかった父親の同僚たちは救えない…。
エリーサは、みんなを救うため和解案拒否
それでも保険金は受け取ることはできましたが、看護師の仕事失ってしまいました。
そこで、救済の手を差し伸べたのが、パーカーでした。
職を失ったエリーサに同情し、彼女を事務所雇うことにしたのです。
自分の子どもがいるとも知らずに……。

 

■そして、恋の行方は…?
オーウェンとの初デート大満足なジェーン。
続いて判事室でのランチに誘われ、このまま恋は順調に進むのか期待を高めていましたが、ランチとは、友達みんなを集めたパーティー…
続いてディナーに誘われ、ウキウキしてたら、またまたオーウェンが店にたまたま居合わせた友達を呼んじゃってガッカリ
とにかく友達付き合いが広いオーウェン。
自分のそんな友達たちの一人なのかと自信をなくすジェーンでしたが、最後にオーウェンは、店を貸し切り、ふたりだけのディナーを演出してくれます。
グレイソンに心残りがあるものの、やることが大胆で、先の読めないオーウェンに惹かれていくジェーン。
これからのふたりの恋の行方が楽しみですね。

 

さて、残念なのがフレッドステイシー
ステイシーは、テレビスターブライアンキスをしてから心が揺れ、フレッドにキスのことを言えずにいました。フレッドのことは好きだけど、ブライアンとのことも捨てきれない…
そんなステイシーのあいまいな態度に、ついにフレッドが「君のことは好きだけど、君が誰といたいのか決められないのなら、もう一緒にいたくない」別れを告げます。

 

<ゲスト出演者>
■パーカーの元カノを演じるのは!?
今回、パーカーの元カノ、エリーサ役で登場したのは、女性シンガーソングライター、“ブランディ”こと、ブランディ・ノーウッドです。彼女は90年代、わずか15歳で、アルバム「ブランディ」でデビュー。グラミー賞など数々のアワードを獲得し、R&Bの天才歌姫と注目されていました。さらに彼女はテレビシリーズにも出演し、女優としても活躍。最近では、『新ビバリーヒルズ青春白書』『glee(グリー)』などに出演しています。
パーカーの子どもの母親として、今後も何かしら物語に絡んできそうなエリーナ…。ミュージカルシーンに出演して、ジェーン役のブルック・エリオットとデュエットしてくれないかしら…なんていうのは、少し期待しすぎでしょうか?

 

それでは次回もお楽しみに!

2012.10.11|エピソード|コメント(0)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565305/55859724

この記事へのトラックバック一覧です: 10月11日(木)S3#11「罪深きオトナたち」“Ah Men”:

コメント

コメントを書く