• 私はラブ・リーガル|WOWOWオンライン

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN

私はラブ・リーガルについて

カテゴリー

ライター

柏木しょうこ
エンタメ系翻訳家&ライター。
映画・ドラマなど海外映像作品の字幕・吹き替え翻訳ほか、小説やノンフィクション、セレブのバイオグラフィーなどの書籍翻訳を手掛ける。最新刊は『ジョニー・デップ フォト・アルバム』(ACブックス)


9月27日(木)S3#9「カジノの誘惑」“You Bet Your Life”

カジノの誘惑

■過去の誤解と偏見を乗り越えて…
今回の依頼人は学生時代、嫌いだった寮長



大学の社交クラブは、名誉ステイタスの象徴です。
親が代々同じ社交クラブに所属していることもあります。
そして憧れの社交クラブに入るためには試練が待っているのです。
そう、先輩たちからのしごきという…
このしごきを耐え抜き、試練と言う名の入会テストにパスした者だけが、晴れて会員になれる、というわけです。
社交クラブは、表向きは、社会貢献チャリティー活動を掲げていますが、主な活動はパーティー!
厳しい試練を耐え抜いた暁には、楽しいパーティー三昧の日々が待っているというわけです。

 

さて、今回のジェーンの依頼人は、大学社交クラブ「ベータ・デルタ・カイ」(なぜか、社交クラブの名前はたいていギリシア語)の寮長クリスティン
学生時代、デビーとステイシーはこの社交クラブに在籍していましたが、デビーは常に上から目線クリスティン大嫌いでした。
しかも、かつてデビーは許可なく寮でパーティーを開き、ボヤ騒ぎを起こしたため、クリスティンに「ベータ・デルタ・カイ」のメンバーだけが持つことを許される会員バッジ没収された苦い過去がありました。
それを今でも根にもっていたのです。

 

しかも、クリスティンの訴えの内容とは…
ギャンブルで全財産をすったのでカジノ訴えたい。
というムチャな依頼。
クリスティンの言い分としては、
「自分はギャンブルにハマるような人間ではない、カジノはおカネを使わずにいられない環境を作り出している、だから自分に非はない」
そんな明らかにメチャクチャ理屈を聞かされたジェーンは、依頼を断りたかったのですが、ステイシーに泣きつかれて渋々引き受けることに…。

 

しかし、調査にあたるうち、確かにクリスティンの言うとおり、カジノ側に怪しい動きが…。
酔って倒れたクリスティンに、すかさずカードリーダーを差し出し、さらにおカネを使わせているのが監視カメラに映っていたのです。
さらにクリスティンは、パーキンソン病を患っており、その治療薬副作用としてギャンブルに依存しやすくなるという事実が発覚。
どうやらパーキンソン病患者の治験者リストが、カジノ側にわたり、カジノに誘いこむようなダイレクトメールを送りつけていたため、同じ被害にあった人々がいたようなのです。
パーキンソン病の治療薬を摂取している患者ならば、副作用で簡単にギャンブルにのめり込んでいく…。
カジノはそこにつけこんでいたのです。
なんて汚い手口!
ジェーンは裁判で、リストをカジノに流した元医師を追及し、勝訴!
クリスティンがギャンブルでつぎ込んだおカネを取り戻し、彼女を救いました。

 

そして、ジェーンにお礼として会員バッチを贈ったクリスティン。
ジェーンは彼女から意外な真実を聞きます。
実は、クリスティンがデビーの会員バッジを没収したのは、会員資格のはく奪を阻止するためだったのです。
もし、クラブから追い出されたなんてことになったら、それこそデビーの学生生活は、真っ暗闇に突き落とされていたでしょう。
そんなクリスティンの優しさに触れ、ジェーンは彼女に対する過去のわだかまり解いたのでした。

 

過去の誤解と偏見から脱したジェーンでしたが、また新たなモヤモヤが…。
そう、原因はグレイソンです。
彼に新しい出会いが……しかし相手は、以前からの知り合いで、デビーの友達だったスポーツバーのウェイトレス、キャシーでした。
デビーと似たタイプの子デートにでかけるグレイソンに、複雑な思いを抱くジェーン。やはりグレイソンは“中身”より“見た目”が大切なのか…?
はやくグレイソンにも大人になってもらいたいものです。

 

<ゲスト出演者>
■パーカーとキムを見事にだました博士を演じるのは?
世界最大の花を咲かせるラフレシア(名前=ルイ15世)を息子のように愛するフォーリー博士。このルイ15世の所有権をめぐる裁判で、キムパーカー博物館側が海外の収集家に転売しようとしていた事実を突き止め、ルイ15世を深く愛する博士こそが所有者にふさわしい強く訴えます。愛の強さが勝訴に導いたということで、もう一度、愛の力をみようと、盛り上がったキムとパーカーはそのまま、ベッドイン
元サヤに戻るのか…と思いきや、事件が急展開!
なんとフォーリー博士収集家にルイ15世を売って、姿を消してしまったのです。
しょせん、金儲けのためだったのか…。
愛なんて結局そんなものかと、またやさぐれてしまったキム…。
つわもののパーカーとキムを完全にだましたフォーリー博士ってかなりすごい!
そしてこの博士を演じるのが、今回のゲスト出演者であるカリ・ローシャ。
『グレイズ・アナトミー』シリーズでは「愛による癒し」と説いていたシドニー・へロン医師を演じています。とってもいい人に見えるんですよ。愛いっぱいで、素朴な感じに…。だけどキレイな花にはがある!? いやあ、やられました!

 

<ちょっと気になるわき役たち>
「あっ、この判事なら話がわかってくれそう」と妙な安心感を与えてくれるのが、今回、ジェーンの裁判を担当したアジア系のリタ・メイソン判事。そして演じるのは、ヴィッキー・エン(Vickie Eng)これまで通算9話に出演しているので、「あっ、またこの判事だ」と気づいていた方も多いのではないでしょうか。最近ではクレア・デインズ主演のドラマ『HOMELAND』『ヴァンパイア・ダイヤリーズ』にも出演していますが、残念ながらチョイ役どまり。この『私はラブ・リーガル』が、一番出演回数が多いくらいです。穏やかな雰囲気だけど、締めるところは締めるメイソン判事。なんだか母親のような優しささえ感じられる判事で気になっていました。実はヴィッキー、大学でカイロプラクティックセルフ・ヒーリングを学び、そちらの方の資格もあるとか。あの妙な落ち着きと包容力を感じさせる空気はそんな背景からきているのかもしれませんね。

 

それでは次回もお楽しみに!

2012.9.27|エピソード|コメント(2)トラックバック(0)

9月20日(木)S3#8「チアリーダーの復讐」“Mothers Day”

チアリーダーの復讐

■ジェーンの正義に火がつく!
グレイソンの母校の案件をめぐり、まさかのケンカ勃発!



ちょっぴり遅刻で出勤したジェーンを待っていたのは、なんとデビーの母ボビーパーカーの朝っぱらからのラブシーン
しかも、こともあろうにふたりはパーカーのオフィスコトに及ぼうとしてた…。
あまりのショックにフレッドにあたり散らすジェーンでしたが、フレッドには、ボビーの幸せを喜んであげるべきだとたしなめられてしまいます。

 

そんなパニック気味のジェーンのもとに、さらにパニック状態の女子大生チアリーダー、ミアから助ける求める電話が……。
指定されたホテルに駆けつけてみると、部屋には大学のアメフト部のスター選手、ヴィンスがベッドに縛られていて監禁状態に。
ヴィンスにレイプされたミアが、無理やりカメラの前でレイプを自白させたのでした。
彼女は事件のあと、レイプ被害を大学に訴えましたが、大学も警察もスター選手であるヴィンスに味方して、事件をうやむやに処理してしまったのです。
そのためミアはこのような強硬手段に訴えたという事情がありました。
ジェーンは、ミアの弁護を引き受けますが、事件を表ざたにしたくない大学側は、取引を要求してきます。
さらに大学OBグレイソンまでもが、ミアよりも母校を守ろうとしたためジェーンの正義感がつきます。
「グレイソンって前からあんなにイヤなヤツだったっけ?」
被害にあった依頼人より、大学のメンツを守ろうとするなんて…。

さらに大学側の弁護士が、グレイソンに接触しているところを目撃し、またまたジェーンはブチぎれ

 

なにがなんでも大学側の隠ぺい工作の実態暴こうと必死になるジェーン。
するとテリーの調査で、ヴィンスが秘密のサイトで、今までモノにしてきた女子大生とのセックスシーンの盗撮動画を公開していたことが発覚。
さらに大学側の弁護士の態度に不信感を覚えたグレイソンが、ジェーンの誤解を解き、サブとして加勢します。
盗撮動画は、すでにパソコンからは削除されていましたが、サーバー運営会社がバックアップを保存していたため、レイプと証拠隠滅の2つが、これにより証明
ジェーンたちは、有利な和解案を取りつけることに成功しました。

 

さて、気になるボビーパーカーの恋愛ですが、ジェーンは、幸せそうなボビーの様子を見て、なんとかふたりの関係を受け入れようとします。
しかし、そんな時、実はパーカーからボビーとはもう別れるつもりだと聞き、ショックを受けるジェーン。
ボビーが傷つくところは見たくない。
ステイシーに相談すると、「フラれる前に、フるように仕向ければいい」とのアドバイス。
ジェーンはさっそくボビーがパーカーを嫌いになるように、ヘタなウソをでっちあげて、吹きこみます。
「フラれる前に、フッちゃえ」作戦については、ボビーもお見通しでした。
ジェーンの真意を見抜いたボビーは、その夜、パーカーに別れを告げます。
そしてグレイソンとボビー、ジェーンは3人で、さらなる幸せのために祝杯をあげたのでした。

 

<ゲスト出演者>
■キムもタジタジの強烈姉さんが登場!
今回登場した、キムの姉ジェナ。離婚協議でモメて、キムに助けを求めにきたキムも手を焼く姉のジェナを演じたのは、女優、声優、スタンダップ・コメディアンであり、プロデューサーとしても活躍しているキャシー・グリフィンです。『アグリー・ベティ』『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』『Glee』などの人気シリーズにゲスト出演するほか、自らの看板番組『Kathey Griffin: My Like on the D-list』を持つ人気者。彼女がホストを務めるこのリアリティ番組は、6年連続エミー賞にノミネート、うち2回も最優秀リアリティ番組賞に輝いています。しかも、ベストコメディーアルバム部門にてグラミー賞にノミネートも2回ほどノミネートされているんです。まさにザ・エンターテイナー! キムを黙らせるほどの強烈な存在感を放つのも納得ですね。

<ちょっと気になるわき役たち>

いつもちょっと気になっているのが相手方の弁護士役。今回、キムの離婚協議で登場した男性弁護士…何気に毎シーズン、2話くらい登場しているんですよね。シリーズを通してご覧になっている方は、すでに「あっ、またこの人出てる」とお気づきかもしれません。しかも一度も名前で呼ばれることがないので、「あの弁護士」としか言われないのがちょっとセツナイ…。というわけで、今回ようやく「あの弁護士」をご紹介。役名はダグ・レンズニックです! ダグですね、ダグ! 今まで第1シーズンから6回ほど登場しているのですが、かなり弱々しい印象が…ズバリ、「強い女にメッタうちにされるのが似合う男」キャラ。それはいつもジェーンやキムなどの強い女性弁護士に負けているからだと思うのですが、ヒョロッとした感じが、すっごく勝てそうにない雰囲気を醸し出していて、気になる存在。彼が相手だと負ける気がしない(笑)。演じるのは、ジェフ・ローズ。最近では、マイケル・J・フォックスの同名青春映画をドラマ化した『TEEN WOLF』にゲスト出演しています。また監督・プロデューサーとしても活躍しているようです。
第1シーズンより、続けてチョコチョコ出演しているけど、名前がわからない「あのキャラ」を、折りを見ながらご紹介していきたいと思います!

 

それでは次回もお楽しみに!

2012.9.20|エピソード|コメント(0)トラックバック(0)

9月13日(木)S3#7「2人のママ」“Mothers Day”

2人のママ

■どちらも大切なママだけど…
娘ってツラい!



今回のジェーンは2人のママの案件を引き受けることに。
かつてのママと、今のママ。
どちらのママにも心配事がつきません。

 

<デビーのママの案件>
ある朝、ジェーンは新聞を見てビックリ
なんとカジノの広告にデビーの写真デカデカと載ってるではありませんか!
しかもその他大勢ではなく、ピンで!
モデルとしては最高にうれしいこと。
きっとグレイソンも喜んでくれるだろうと、ウキウキでオフィスに行くと、予想に反したリアクションが…。
グレイソンは、喜ぶどころか、許可なくデビーの写真を使った肖像権の侵害だと怒りを爆発
自分は夫ではないので訴訟を起こすことができず、デビーの母親ボビーに訴えてほしいと頼んだのです。
デビーがモデルの広告はとても評判がよく、大々的に宣伝していくとカジノ側は主張。
元デビーとして何としても広告をそのまま使ってほしいジェーンは、グレイソンを手伝うふりして、訴訟を取り消すように画策します。
ボビーも、もしデビーが生きていたら、この広告を喜んだだろうと思ってはいましたが、デビーのことを思うグレイソンの気持ちを考えると、イヤとは言えませんでした。
ジェーンにしてみれば、肖像権なんかよりも、デビー主役として広告で使われたことが何よりも嬉しかったからです。
なかなか折れないグレイソンでしたが、最後はジェーンの心からの訴えを聞き入れ、訴訟を取り消すことにしました。
これで晴れてデビーの広告が使われることになったのはいいですが、この案件をきっかけに、ボビーパーカーデートをしていることが発覚!
よりにもよってパーカーとなんて……
ジェーンはショックを受けます。
そういえば、ボビーは以前、離婚する前から彼氏がいましたが……あちらはダメになってしまったんでしょうか……。もしかしてデビーのママ、かなりモテモテなキャラなのかしら? ジェーンのママとは違った意味で、娘を悩ませるタイプです。

 

<ジェーンのママの案件>
パパとヨリを戻してから、ずっと大人しかったジェーンのママ、エレーン
ところが久々にやらかしてしまいました。
旅行に出かける予定だったエレーンが、待機中の飛行機の脱出シュートを無断で作動させたことから、空港を封鎖させる事態を招いてしまい、連邦法違反検察に起訴されてしまったのです。もし負ければ刑務所行きの大事態!
でも、これには事情がありました。
その問題の飛行機は、6時間にわたり、乗客を機内に缶詰にしたまま離陸しなかったため、機内はイライラが頂点に達し、爆発寸前!
エレーンは、歌を歌わせたり、ストレッチをさせたりと、みんなを和ませようと努力したのですが、とうとう、エレーン自身も限界に。
いけないと知りながらも、脱出シュートを作動させて勝手に外に飛び出したでした。
ジェーンはエレーンを助けなければと思いながらも、心の中は、デビーの件でいっぱい
しかも、デビーとしての気持ちが高まり、どうしてもボビーのほうへ肩入れしてしまうジェーン。
その一方で、エレーンの突飛な行動にイライラするばかりで、どんどん険悪なムードになっていきます。
でも、そんな行動に出るのはエレーン自身が不安でたまらないから。
そして、乗客や乗務員の話を聞くうちに、ジェーンは、エレーンの勇気思いやりに気づきます。
最後は、機内がどんなひどい状況だったのかを法廷で示し、陪審員たちの心をつかんだジェーンは、見事、勝訴!

 

打ち上げのカラオケバーで、ジェーンは、エレーンボビーという、かけがえのない2人のママと一緒に"Lean on Me"を熱唱するのでした。

 

<ゲスト出演者>
■デビーのママ、ボビーを演じたのは…
今回はなんとよりにもよってパーカー恋に落ちちゃうデビーのママ(それにしてもパーカーの恋愛射程距離が広すぎはしないか?)。どこかアンニュイで色っぽいボビーを演じるのは、シャロン・ローレンス『NYPDブルー』にレギュラー出演後、『リゾーリ&アイルズ』 『グレイズ・アナトミー5』『ボストン・リーガル』『デスパレートな妻たち』『名探偵モンク』など人気シリーズに出演するなど、テレビ中心に活躍する女優さんです。最近では、キャスリン・ターナー主演、『BONES-骨は語る-』のエミリー・デシャネル出演のコメディ『The Perfect Family』(敬けんなクリスチャンである母親。だけど、夫はアルコール依存症、娘は同性愛者、息子は離婚…と完ぺきとは言えない家族を何とか“完ぺきな家族”にしようと奮闘する)にも出演しています。

 

■デビーのママ、ボビーを演じたのは…
ジェーンのトンでるママを演じるフェイス・プリンスは、トニー賞主演女優賞も受賞したことのある実力派ブロードウェイ女優! 歌がうまいのも納得です。同じブロードウェイ出身のエリオットと母娘というキャスティングも絶妙ですね。その他、舞台をこなしながら、『スピン・シティ』『名探偵モンク』『Dr.HOUSE』『グレイズ・アナトミー3』など人気ドラマに出演しています。

 

それでは次回もお楽しみに!

2012.9.13|エピソード|コメント(0)トラックバック(0)

Episode1~6 ドラマを彩るラブソング特集!

第3シーズンも6話を終えて、いよいよ折り返し地点。 前半だけでもいろいろありましたね。 ジェーンは、理想の恋人かと思えたビルと破局。 さらに過去の不倫相手と仕事をすることになったり…。 グレイソンは結婚式をドタキャンされ、キムとパーカーは、キムがどうしても歩み寄れず、復縁の見込みはなし…。 パーカーも未練を断ち切ることを決めてしまいました。 いったいどうなるのでしょうか。そんな彼らの恋を彩るのが、数々のラブソング。


今回は、後半戦に入る前に、前半エピソードに登場したナンバーをまとめてご紹介します!


■第1話
"Don't Leave Me This Way"
最初のミュージカル・シーンでジェーンが熱唱。意識不明のグレイソンに切ない思いを歌いあげます。オリジナルは、Harold Melvin & the Blue Notes になります。

"Can't Go Back Now" by The Weepies グレイソンに結婚式の付添人を頼まれたジェーン…。第1話、ラストシーンに流れる曲です。

<その他>
★"Quiet Hearts" by Amy Strou
★"Ray of Trust" by Amy Ward


■第2話
"Prettiest Thing" by Oh Darling
ファースシーンに流れる曲です。かわいい歌ですね。グレイソンのお見舞いに、とっておきの香水をつけるジェーンの乙女ゴコロにぴったり!

"Safe" by Britt Nicole 結婚式に必要なものをまとめた、とっておきのアルバムをグレイソンに渡すラストシーンで流れるナンバー。

<その他>
★"Heart of a Girl" by Peter Bradley Adams


■第3話
"Stripper" by Sohodolls パーカーが企画したバチュラーパーティーのシーンで登場。

<その他>
★"Shake Me" by Taddy Porter


■第4話
"All Around Me" by Yael Meyer
グレイソンの結婚指輪を取りにいくジェーン。ファーストシーンで流れる1曲です。

"Hop, Skip, and a Jump" by Shaun Barrowes
テリーが、グレイソンにダンスのレッスン!


■第5話
"All This Time" by One Republic
ジェーンの特別プロムでグレイソンとダンス! 「ずっとあなたを待っていた」という運命の相手との恋を歌ったナンバー。

<その他>
★"The Joy" by Oh Darling
★"Juice" by TIGERcat
★"Knockout" by Ashlyne Huff


■第6話
"Charmed Life" by Joy Williams
グレイソンへのまだ捨てきれぬ希望をステイシーに語るジェーン。ラストシーンで流れる優しくて切ないナンバーです。


いかがでしたか? ぜひ、チェックしてみてくださいね。
それでは今週も『私はラブ・リーガル3』をお楽しみに!

2012.9. 6|お知らせ|コメント(1)トラックバック(0)

9月6日(木)S3#6「検事ジェーン・ビンガム」“Closure”

検事ジェーン・ビンガム

■“ジェーン”の元カレ登場…!?
ジェーンに意外な過去が明らかに!



検事局からジェーンのもとに殺人事件の応援要請がきます。
しかも、ジェーンをご指名!
うれしい半面、指名された理由がわからず戸惑うジェーン。
テリーによると、元ジェーンはロー・スクールを卒業してすぐに、検事局で働き始めたらしい。
将来、検事を目指す場合は、検事局での3年間の勤務経験が求められます。
その経験を積むのが目的のはずなのに、なぜか元ジェーンは2年で辞めてしまい、法律事務所へ…。
なぜ……?
ジェーンは、不思議に思いながら検事局に向かいます。

 

検事局でジェーンを迎えたのは、検事のアランでした。
アランはジェーンの元上司で、8年前、ふたりはエレーナ殺人事件を追いかけていました。
当時は、迷宮入りしてしまった事件でしたが、ここにきて新たな指紋が検出され、捜査が再開されたのです。
検事の仕事にはりきるジェーンに、アランが突然、キスを…。
そして「会いたかった」と打ち明けます。
どうやら、当時ふたりは不倫関係だったみたい…。
そして突然、元ジェーンのほうから去っていった…
彼女が去った理由は、今のジェーンにはわかりませんでしたが、検事の仕事にはいつになくやりがいを感じ、検事局への転職も考えはじめます。
しかし、事件を調べていくうちに、なぜ、元ジェーンがアランの元を去ったのか、明らかになっていきます。
当時、犯人につながる有力な証言があったにもかかわらず、それをアランが握りつぶしていたのです。
容疑者の父親は、街の有力者でした。
つまりアランは出世のために真実を闇に葬ろうとしたのです。
それが、元ジェーンが検事局を去った本当の理由でした。
「やり直そう」とジェーンを誘うアランでしたが、答えは、もちろんノー
アランに辞表を出すよう強く、求め、再び弁護士の仕事へと戻ったのでした。

 

<ジェーンの事件簿> ~検事局編~
●事件:エレーナ殺害事件
●被害者:8年前、 当時18歳だったエレーナ・エストラーダは、友達のネイト・パースキーの家に向かう途中、何者かにさらわれ、惨殺された。
●事件の捜査:第一容疑者として浮上したのが、庭師のカルロス・グラナドス。被害者とは顔見知りだった。当時は確証がつかめず、事件は迷宮入り。しかし、新たな技術により、被害者をくるんだビニールシートから指紋の採取に成功。グラナドスの指紋と一致したため、事情聴取をするが、彼の供述に矛盾はなく、アリバイも証明された
これで再び迷宮入りになるかと思われたが、テリーが新事実を見つけ出してくる。エレーナとネイトは断酒会で知り合う。その断酒会で、ネイトがエレーナを殺す夢を見たと告白したというのだ。しかもマスコミにも公表していない凶器の情報も彼は知っていた。しかし、ネイトは街の有力者の息子だったため、出世のためにアランがこの証言を握りつぶしていた。
ネイトは自分が殺したと自供したが、彼は右利き。被害者の傷から犯人左利きの男。ネイトは当時、酒におぼれていたために、父親がエレーナを殺す現場を見ていただけだったのだ。エレーナ殺しの真犯人は、ネイトの父親ウォーレン・パースキーだった。

 

<ゲスト出演者>
■元カレの検事アランを演じたのは…

 

今回、ジェーンの元上司であり、元不倫相手だったアランを演じたトニー・ゴールドウィン。彼、かつて『ゴースト/ニューヨークの幻』悪役を演じた俳優さん。どこかちょっと悪いというか、裏がある感じを出すのがうまい俳優さん。彼は俳優だけでなく、映画・ドラマ監督としても活躍しています。監督作には、アシュレイ・ジャッド主演『恋する遺伝子』、ヒラリー・スワンク主演『ディア・ブラザー』など。
さらにドラマでは『プライベート・プラクティス』『グレイズ・アナトミー』など人気シリーズの監督をしています。『Lの世界』と『DEXTER 警察官は殺人鬼』では監督と出演で活躍。さらに、『グレイズ』『プラプラ』を手がける人気クリエイター、ションダ・ライムズ最新シリーズ『SCANDAL』にも出演中。政治の舞台裏を描いたこちらのドラマでは、やっぱり裏がありまくりの大統領を演じています。

 

それでは次回もお楽しみに!

2012.9. 6|エピソード|コメント(0)トラックバック(0)